2013年、息をのむほどのエキサイティングな新演出でブロードウェイに帰還し、同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品賞を含む4部門を受賞した傑作ミュージカル『ピピン』。
2015年9月の来日公演も大好評を得たこの作品の日本語版プロジェクトが始動。

人気作曲家スティーヴン・シュワルツが作詞作曲を手掛けたミュージカル『ピピン』は、鬼才ボブ・フォッシー(ミュージカル『シカゴ』、映画版「キャバレー」)による演出と振付で1972年にブロードウェイで初演。当時もトニー賞5冠に輝いた、ブロードウェイミュージカルの名作中の名作です。

今回の新演出版では、本作で見事トニー賞最優秀演出賞を獲得したダイアン・パウルスの 斬新な手腕が大絶賛を浴びました。注目は、ボブ・フォッシーのスタイルを踏襲した刺激的な ダンスと、シルク・ドゥ・ソレイユ出身のアーティストが手掛けたスリリングなサーカスアクロバット
この二つが『ピピン』の物語と見事に融合し、これまでに誰も観たことのない、新しいミュージカルエンターテインメントが誕生したのです。

この新演出版を手掛けたクリエイティブ・チームが再集結し、ピピン日本語版は更なるレベルのエンターテインメント作品を目指します!